低金利のカードローンを徹底比較

おすすめの低金利カードローンをご紹介|カードローン金利 ラボ

金利は借入れ後の返済においてもっとも重要な部分。金利が低いほど毎月の返済額も少なく、トータルでの返済額も少なくて済みます。

ここでは低金利のカードローンを利用限度額や各社の特徴で比較できるようにしました。また、借入れ金額帯ごとの金利も記載しましたので予定の借入額での金利もチェックできます。

注目!はじめてのご利用の方にうれしい最大30日間無利息サービス!

自営業者やパート・アルバイト、主婦(専業主婦以外)の方で、申込条件に合わないからとローンの借り換え・おまとめをあきらめていませんか?
アイフルのカードローンは安定した定期収入と返済能力を有する方でアイフル基準を満たす方なら、自営業者やパート・アルバイトの方も申込可能です。

限度額 : 500万円一部提携のATM、CDでは10000円からとなります 金利(実質年率): 4.5%~18.0% 審査: 最短30分
申し込む
詳細

他社を圧倒する低金利の銀行カードローン。
限度額が最高800万円まで借入れ可能な銀行カードローン。300万円以下なら収入証明原則不要。
来店も不要で担保や保証人も一切不要。オリックス銀行の口座開設も必要ありません。

限度額 : 最高800万円最高800万円(10万円単位) 金利(実質年率): 1.7%~17.8% 審査: 最短即日最短即日で審査が可能
申し込む
詳細

モビットの特徴は何と言っても、申込から借入までがスムーズなこと。ネットで最短10秒で簡易審査結果表示。※10秒簡易審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちなら、お申込からご利用まですべてネットで完結。郵送手続きや電話での確認などはありません。

限度額 : 800万円 金利(実質年率): 3.0%~18.0% 審査: 最短30分申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
申し込む
詳細

メガバンクの本格的カードローン。
金利年2.0%~14.0%と納得の低金利!
※みずほ銀行の住宅ローンご利用による0.5%の引き下げ適用後の金利
最大ご利用限度額はゆとりの800万円!

最大利用限度額 : 800万円 金利(実質年率): 年 2.0%~14.0%みずほ銀行の住宅ローンご利用の場合の0.5%引き下げ適用後の金利。<br />プランは審査の結果によって決定、お客さまご自身でお選びいただくことはできません。 審査スピード: -
申し込む
詳細
三井住友銀行グループ

はじめてご契約の方なら、契約時にメールアドレスとWeb明細利用の登録で、初回利用翌日から30日間が無利息。

10万円~50万円の借入金額帯の金利も他の消費者金融のカードローンと比較して最も低金利なので短期返済向き。

パート・アルバイトの方でも安定した定期収入があれば申込可能で、50万円以下での利用なら原則収入証明書も不要。

限度額 : 500万円 金利(実質年率): 4.5%~17.8% 審査: 最短30分平日14時までのWEB契約完了で即日融資が可能
申し込む
詳細

低金利カードローン選びのポイント

ここでは低金利のカードローンを選ぶ際のポイントを紹介します。

借入れ金額と返済期間を把握する

低金利カードローンと言っても、借入れ金額毎に金利設定があり、借り入れる金額帯によって金利も様々です。まず自分がいくら必要なのかを正確に把握しましょう。

金額決定をしたら、どのくらいかかって返済していく予定なのか把握することが大切です。

多くのカードローンでは同じ金額の借入れでも、7%~12%と言ったように金利に幅があり、個人個人で利息が変わるからです。これはカードローン会社が返済実績や収入、今の仕事に就いてからの就業期間といった様々な要素で審査を入れるからで、初めての借入れだと、返済実績が無い為、高い金利に設定されるケースが多いようです。

そこで大切なのが、返済実績を早めに作ってしまうこと。例えば10万円を借り入れた場合、無理をせずに返せるのであれば、1月5万円の返済で2カ月で返済と言ったように、出来るだけ早く返済してしまいましょう。

するとその情報は信用機関に履歴として残りますので、次回の借入れや他社で借入れしても、信用が高いと判断されます。

自分が借り入れる金額での金利を知る

借り入れる額が決まったら、今度は借入額の金額帯での金利を調べましょう。

よく、「業界TOPの低金利」というような売り文句がありますが、通常最低金利と表示される金利は、そのカードローンの借入れ限度額(貸出限度)に対しての金利となっています。

最低金利がA社5%とB社7%のカードローンがあったとしても、A社は500万円借入時の金利。B社は300万円借入時の金額と言う場合がほとんど。

実際に同じ300万円借入時の金利を比べたら、A社は8%で1%も高かったということもあります。1%と言っても借入金額大きくなったり借入れ期間が長くなったりすれば、それだけ利息が発生し、返済額が増えてしまいますので、申し込む前にしっかり調べて出来るだけ低金利のカードローンを借りましょう。

当サイトでは借入れ金額における金利を記載してありますので、しっかり把握しましょう。

印鑑 作成