カードローンを比較

条件や目的に合わせおすすめのカードローン比較をお手伝い。

借入れたい金額毎にローン商品を今すぐ比べられる比較ページや低金利のカードローン、複数の借入れをまとめる借換えローンなどのコンテンツをご用意。

また初めて借入れをする方にカードローンの基礎知識として融資までの流れローンQ&Aや各社の評判もご紹介しています。


カードローン人気ランキング


おまとめ・借り換えローンランキング

SMBCコンシューマーファイナンス Web契約で即日融資可能。無利息期間が30日間あるので初めての方にも安心。(メールアドレスとWeb明細に登録された方が対象)
パート・アルバイトの方でも安定した定期収入があれば申込可能で、50万円以下での利用は収入証明書も原則不要。
アイフル NEW!はじめてご利用の方にうれしい最大30日間無利息サービス!
申込から契約までネットで完結、来店不要!

最高500万円までの融資が可能なのでおまとめにもおすすめです。
スペック詳細
実質年率
4.5%~17.8%
借入限度額
1万円~500万円
スペック詳細
実質年率
4.5%~18.0%
借入限度額
1,000円~500万円一部提携のATM、CDでは10000円からとなります
アイフル NEW!はじめてご利用の方にうれしい最大30日間無利息サービス!
申込から契約までネットで完結、来店不要!

借入も返済もコンビニやセブン銀行、イオン銀行などのさまざまなATMに対応しているので忙しい方にも便利。
みずほ銀行カードローン 低金利と大口利用が好評!
「エグゼクティブプラン」は金利年3.0%~7.0%と納得の低金利!
※みずほ銀行の住宅ローンご利用による0.5%の引き下げ適用後の金利
最大ご利用限度額はゆとりの1,000万円。
入会金・年会費は無料で24時間、お申し込み受付中!
スペック詳細
実質年率
4.5%~18.0%
借入限度額
1,000円~500万円一部提携のATM、CDでは10000円からとなります
スペック詳細
実質年率
3.0%~7.0%みずほ銀行の住宅ローンご利用の場合の0.5%引き下げ適用後の金利。<br />コンフォートプランの場合は年3.5%~14.0%。<br />プランは審査の結果によって決定、お客さまご自身でお選びいただくことはできません。<br />
借入限度額
最大1,000万円
モビット 10秒で簡易審査結果表示で即日融資も可能なモビット。低金利で限度額も800万円までと大口の融資にも対応。
三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちなら、申込から利用まで電話や郵送無しでネットで全て完結で忙しい方に。
SMBCコンシューマーファイナンス 消費者金融系ローンの中では低い金利設定なのでおまとめにも◎。
来店不要のWeb契約なら最短即日融資にも対応。
選べる返済期日と豊富な返済方法でお客様の都合に合った返済プランが立てられる。
スペック詳細
実質年率
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
スペック詳細
実質年率
4.5%~17.8%
借入限度額
1万円~500万円
カードローン比較 セレクトのご紹介


当サイトの使い方


このサイトでは即日融資対応のカードローンを中心に金利や借入金額毎、おまとめローンなど、目的毎にカテゴリーを設け商品を紹介しています。各カテゴリーではローン商品の特徴を金利や限度額などと共にご紹介しています。

また、各商品についても徹底調査を行い、各商品ごとに詳細ページをご用意しました。詳細ページでは各社の登録番号や商品の詳細な情報をご覧いただけます。

カードローン比較


カードローンを目的別に比較できます。金利の低さで比べられる「低金利のカードローン」。今すぐの借り入れも可能な「即日融資対応のローン」もあり中には30秒で借り審査ができる会社も。また総量規制対象外の「銀行カードローン」など、目的にそってカードローンをお選びいただけます。

借入金額で比較


借り入れする金額が決まっている場合に一括でその金利を比較できるカテゴリーです。50万円~500万円までの各金額帯でそれぞれの金利を比較いただけます。

借り換え・おまとめローン


現在借り入れているローンを借り換えたい場合や複数の借り入れをまとめて一本化したい場合に適したローンをご紹介。借り換え時の手順や用意するべきことなど基礎知識も。

カードローン基礎知識


カードローンに関する基礎知識をご紹介。融資までの流れや審査内容、限度額や返済についてなど、初めて借り入れを行う方が知っておくべき基本をご紹介しています。

利用は計画的に


カードローンは非常に便利なサービスですが、その利用の仕方によっては、使い過ぎなどによる弊害も起きやすい商品です。借入れを行う際は、事前に返済予定を立てるなど、計画的な運用を心掛けましょう。

単なるやりくりであればクレジットカードを利用しよう


単純に今月のやりくりが苦しいというだけでカードローンを利用するのはあまりお勧めできません。毎月の給与があり、たまたま今月のやりくりが苦しいというのであれば、クレジットカードを利用することをおすすめします。クレジットカードには締日と引き落とし日があり、毎月締日までの日数で利用額をカウントし、引き落とし日に締日までの利用額が引き落としされます。

仮にカードの締日が30日、給料日が25日、引き落とし日が翌々月5日だとしましょう。すると30日までのカード利用額は翌々月の5日に引落しなので、その日までに利用額が残高としてあれば問題ありません。この期間に給与日が2回ありますから、引き落としは2回目の給与で間に合うのです。したがって、1回目の給与額がやりくりに使えるという事になります。
もちろん、カードが利用できない支払いなどもある為、全額使うわけにはいきませんが、クレジットカードにはポイント還元などもあり、現金払いよりお得になるというメリットもあります。ただしクレジットカードで注意しなければいけないのはキャッシングや分割払い。クレジットカードのキャッシング枠や分割払いの利息はカードローンよりかなり高い為、同額を賄うのであればカードローンの方が金利が安くお得です。

カードローンは大きな金額をローンで賄う。クレジットカードは日々のやり繰りに利用する。こうした定義をしっかりと認識して、よりお得になる方を使いましょう。

当社運営サイト:ウォーターサーバー比較