審査について

申込みを行ってから融資に至るまでには、必ず審査があります。
カードローンは申込者の信用をもとに無担保(お金に変わる何かを預ける必要が無く)で現金が借りられるサービスですので、事前に申込者がどういった環境で生活しているかを当然把握しておく必要があるのです。
さて、それでは具体的にどんな部分を基準として審査を行っているのでしょうか。

カードローンの主な審査基準

信用情報期間による照会

あなたが申込を行った後、まず一番初めに行うのが金融期間の借入れ状況です。
他のカードローンを借入れしていないか?過去にどれくらい借入れをしたことがあるか?ということが調べられます。
利用状況を確認する理由は返済可能かどうかを確認するためで、複数のカードローンから借入れしていたり、過去に返済の延滞をしたことがある人は、返済能力が低いと評価されることがあり審査に落ちることもあります。
また、住所や連絡先、勤務先などの情報も照合され、申請した情報に偽りがないかどうかも確認されます。

年齢

基本的には20歳以上であれば問題ありません。ただ、年齢だけで判断されるというより、職業や勤続年数、収入といった複合的な要因で判断される項目の一つと言えるでしょう。

既婚・未婚

独身でも既婚でも、これ単独では優劣はありません。これも年齢と同様、他の項目との絡みで判断されます。
概ね既婚者は生活が安定しているというプラス評価がもらえるようですが、他社の借入れや職業が安定していないなどのマイナス面があると帳消しになる程度のものです。

他社の借入れ状況

これは重要項目です。仮に既に借入れがある場合、年収に対しての借入れ額は銀行カードローンを除くと年収の3分の1に制限されていますので、仮に既に上限に近い借入れがある場合は、最初から銀行カードローンに申込ましょう。
銀行カードローンの場合、総量規制(貸し付けを制限する法律)の対象外ですので、収入や就業状況によっては、貸し付けをしてくれます。まず申込をして、相談するのが良いでしょう。
また、住宅ローンや自動車ローンは規制対象外ですので、計算に入れる必要はありません。
一番やってはいけないのは他社の借入れを隠すこと。金融機関は公的な組織で個人の信用情報を持っていて、調べればすぐにばれてしまします。
申込をすると必ず審査で調べられますので、必ず申込時に申告をしましょう。

カードローンの借入れ限度額

現在の法律では年収に対しての借入れ上限額は年収の3分の1に制限されています。
但し銀行カードローンは除かれます。しかし消費者金融等に比べて極端に多く貸してくれるということではありません。
また、住宅ローンや自動車ローンは規制対象外ですので、限度額を考える際に考慮する必要はありません。また、物品購入等の
一番やってはいけないのは他社の借入れを隠すこと。金融機関は公的な組織で個人の信用情報を持っていて、調べればすぐにばれてしまします。
申込をすると必ず審査で調べられますので、必ず申込時に申告をしましょう。

職業・収入

こちらも非常に重要です。就職していて、勤続年数が長く、収入が高いほど評価は高く、能力が高いということになるので借入れできる金額も多くなります。
一番信用が高いのは正社員雇用されていて、勤続年数も長く、収入も一般な水準より高い事ですが、現在ではパートやアルバイトでも継続雇用され安定した収入があれば、貸し付けを行ってくれる所がほとんどです。
逆に難しいのは無職の人。働いていなくても貸してくれる所はありません。

住所・居住年数

審査では居住年数が意外と重要視されます。長く同じところに住んでいる方が高評価です。これは安定的に家賃を払っていたり、長い間自活してきて社会人としての信用が高く見られるからです。
但し、年収に対し明らかに家賃が吊り合わないと思われる所に住んでいたりするとマイナスになる事もあり得ます。
また免許証など住所を証明出来る身分証明書が無い場合、住民票の提出が求められますので、住民票を以前の住居から移していない場合等は、必ず手続きをしておきましょう。

連絡先

いざという時に必ず連絡がつく連絡先が必要になります。現在では携帯電話でも契約は可能ですが、固定電話があった方が評価は高いと言われています。
これは住所と同じでその住所に実際に住み、生活している正面となるからです。
逆に電話が無いと評価は下がります。これは連絡が付かないと判断されるからで、借りられない可能性が高くなるといって良いでしょう。

主婦

主婦の場合は、配偶者に収入があれば融資可能です。さらに、年金受給者でも融資が可能です。
主婦や年金受給者の場合、扶養家族扱いになりますので、夫やその家の収入で判断されます。
主婦の場合ですが、夫の年収の3分の1(銀行を除く)しか借入れできません。仮に夫がクレジットカードで20万円借入れしていると、その分対象額から差し引かれますので注意が必要です。
審査の基準は消費者金融によってさまざまですが、ほとんどの所では20歳以上で、ある程度の収入があれば利用できます。また、アルバイトやパート、自営業等の方でも融資してくれる所がほとんどです。
一部例外はあるかもしれませんが、初めてカードローンを申込む方なら、上記条件を満たしていれば大抵審査は通ります。
即日融資や急ぎの借入れなら消費者金融や信販会社。期日的に2週間以上余裕があるなら銀行カードローンと言ったように状況に合わせ、申込をしましょう。

おすすめカードローン
ローン商品名
金利
(実質年率)

借入限度額
備考 申込
アイフル
アイフル
4.5~18.0% 1,000円~
500万円
NEW!はじめての方にうれしい最大30日間無利息サービス。
まずは1秒診断。ネットですべて完結だから来店も不要。
1,000円から借入れが可能だからはじめての方にも安心。
※一部提携のATM/CDでは10000円からとなります
申込
スペック詳細
SMBC<br />
コンシューマーファイナンス
SMBC
コンシューマーファイナンス
4.5~17.8% 1万円~
500万円
来店不要のWeb契約は24時間申込可能。最短1秒の自動審査で即日融資も可能。
初めての方はメールアドレスとWeb明細登録で30日間無利息。
申込
スペック詳細
みずほ銀行<br />
カードローン
みずほ銀行
カードローン
3.0~7.0% 最大1,000万円 メガバンクの本格的カードローン。
納得の低金利で最大ご利用限度額はゆとりの1,000 万円!
金利年3.0%~14.0%!
※みずほ銀行の住宅ローンご利用による0.5%の引き下げ適用後の金利
申込
スペック詳細
オリックス銀行<br />
カードローン
オリックス銀行
カードローン
1.7~17.8% 10万円~
800万円
お借入限度額は最高800万円。最低金利はなんと1.7%。 申込
スペック詳細