借り換え 低金利乗り換える

借り換えローンで複数の借り入れを一本化。借り換えキャッシング乗り換える。

複数の返済を一つにまとめて窓口の一本化をしたり、金利の低いローン商品に借り換えることで毎月の返済額を軽減できるのがおまとめローンによる借り換え。

金利や毎月の返済額を見直しでき、低金利のカードローンへ借り換えしたり、借入している会社をまとめて月々の返済額を希望の額に減らすことで、金融機関への返済の管理が簡素になり返済計画もぐっと明確になります。

なにより精神的な余裕が生まれることで、返済への意欲や生活のリズムが安定することがメリットでしょう。
ここではカードローンの紹介や基礎知識、審査や借入れの流れなど様々な情報を紹介しています。

借り換え・おまとめローンのコンテンツ
注目!当サイトおすすめのローン
アイフルのお申し込み
アイフルのお申し込み
アイフルのお申し込み
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
限度額 1,000円~500万円
ネットですべて完結。
最短30分のスピード審査、最短即日融資・振込も可能とスピーディーな対応。
返済シュミレーションで自身の都合に合わせた返済が可能なのではじめての方にも安心。
みずほ銀行カードローンのお申し込み
みずほ銀行カードローンのお申し込み
みずほ銀行カードローンのお申し込み
金利(実質年率) 3.0%~7.0%みずほ銀行の住宅ローンご利用の場合の0.5%引き下げ適用後の金利。<br />コンフォートプランの場合は年3.5%~14.0%。<br />プランは審査の結果によって決定、お客さまご自身でお選びいただくことはできません。<br />
限度額 最大1,000万円
メガバンクの本格的カードローン。
納得の低金利で最大ご利用限度額はゆとりの1,000 万円!
「エグゼクティブプラン」は金利年3.0%~7.0%!
※みずほ銀行の住宅ローンご利用による0.5%の引き下げ適用後の金利

おまとめローンによる借り換え

カードローンの借り入れでは借入金額が大きい程金利が低くなります。したがって少額を複数社で借り入れするより、一社でまとめて借りた方が金利が下がり、総支払額を少なくすることができるのです。複数の借り入れがある場合は借り換えをおすすめします。

また、借り換えを行う際には、その目的に合わせて相談をすると良いでしょう。借り換えには、次のようなパターンがあります。

  1. 月々の返済額をそのままにして総返済額を抑える(返済額の軽減)
  2. 月々の返済額を減らし毎月の負担を軽くする

1の場合は金利を下げることによって返済額全体の金額を下げることができ、2の場合はローン年数を増やして支払額を下げるので、毎月の返済額を少なくできるので支払い負担が減ります。

ただし、2の場合は総返済額が減らない、もしくは増えることもありますので注意しましょう。

おまとめローンを考える場合、中々相談しにくいと思われる方も多いと思いますが、返済を見直して計画を立て直すことで、精神的な負担は大きく軽減できます。銀行のカードローンも含めてどの会社でもちゃんと相談に乗ってくれるので、躊躇わずに相談しましょう。

おまとめローンを検討中の方へ

おまとめローンを検討中の方は複数の借り入れがあり、返済が苦しい状況だとおもいます。一方で借り換えに対する不安で、中々申込みが出来ない方も多いのでは無いでしょうか。

このコーナーを担当する筆者も実は10年程前に多重債務に陥り、借り換えを経験した一人です。

当時の私は7社からの借り入れで400万円程のキャッシングをしており、沢山のアルバイトをしながらただ毎月返済を繰り返すという状態でした。

稼いでも稼いでも返済に追われ、お金が常に無い状態で、結局生活費が足りず、返済したカードローンの元金から更に借金をしてしまい、一向に元金が返済できない程でした。

そんな私が借金から逃れることになったのがおまとめローンによる借り換えです。当時は「おまとめローン」と言う言葉がまだ一般的でなく、最初に聞いた時は「本当にそんなことできるの?」とかなり疑心暗鬼になりましたが、色々と調べて行くうちに「これは結構楽になるんじゃないか?」という気持ちに変わっていったのです。

そして決心したのは実際に相談をして、返済計画や返済額を提示された時です。今でも「ああ、これで楽になれる…」と心の底からホッとしたのを覚えています。

そして返済計画通りに返済をし、無事借金を完済した私は今このサイトを運営している会社で働いています。今は遠い過去の話になっていますが、当時を思い出すと本当に「あの時申込みして本当に良かった」と思うのです。

当サイトは、そんな私の経験も含め、ピックアップした優良な会社だけをご紹介しています。どの会社もちゃんと対応してくれるので、安心して相談してみてください。