銀行カードローンを比較

銀行が発行するカードローン・フリーローンのご紹介

ここでは銀行のカードローンをご紹介します。

銀行のカードローンは総量規制対象外となる為、消費者金融のように年収の3分の1までしか借りられないということはありません。もちろん年収に匹敵するほどの借入れは難しいと思いますが、安定した収入があれば借入れは可能です。

また専業主婦の方でも配偶者に安定収入があれば借入れ可能な銀行もありますので、対象となる銀行は各カードローンの青いマークがついているかどうかでご確認下さい。

ゆとりと信頼の証、みずほ銀行カードローン。
金利年3.0%~14.0%(※みずほ銀行の住宅ローンご利用による0.5%の引き下げ適用後の金利)
最大ご利用限度額はゆとりの1,000万円。
PC・スマホなら来店・郵送不要で利用可能!

最大利用限度額 : 1,000万円 金利(実質年率): 年 3.0%~7.0%みずほ銀行の住宅ローンご利用の場合の0.5%引き下げ適用後の金利。<br />プランは審査の結果によって決定、お客さまご自身でお選びいただくことはできません。 審査スピード: 最短即日
申し込む
詳細

350万円以上の金利は最低4.9%、200万円以上で6.9%とあらゆる価格帯で金利の低さが目立つ銀行ローン。

申し込みから契約までをすべてネットで行うことができるので、店舗に行く時間がない人や急な出費にも対応。

限度額 : 500万円 金利(実質年率): 4.9%~14.5% 審査: 最短即日
申し込む
詳細

限度額が最高800万円と非常に利用の幅が広く、あらゆる価格帯で低金利を実現。
300万円以下のご利用であれば、収入証明も原則不要です。
最短即日審査にも対応で、限度額も大きい銀行ローンなのでおまとめや借り換えなど幅広いニーズに対応。

限度額 : 最高800万円最高800万円(10万円単位) 金利(実質年率): 1.7%~17.8% 審査: 最短即日最短即日で審査が可能
申し込む
詳細

銀行カードローンを選ぶポイント

ここでは銀行カードローンを選ぶ際に大切なポイントを紹介します。

口座を持っている銀行は便利

銀行カードローンはなんと言っても、低金利が特徴。また、銀行は総量規制の対象外なので、年収の3分の1以上の借入れも不可能ではありません。

定期的な収入がある場合、消費者金融より借入額が多く借入れ出来る場合があるので、気軽に相談してみましょう。

意外としらない? おまとめ・借り換え対応

意外と知られていませんが、銀行のカードローンはおまとめや借り換えに対応してくれます。

銀行によって対応は違いますが、楽天銀行、みずほ銀行、オリックス銀行株式会社、東京スター銀行など多くの銀行が対応しています。

消費者金融等に借入れがある上で、さらに借入れをするのであれば、銀行で借り換えて金利を下げましょう。総返済額を減らしたり、借入れ期間を延ばして月々の返済額を減らしたり出来ます。